挙式当日の持ち物を準備する



挙式当日には、何を持っていけばいいのでしょうか?

ホテルや式場で結婚式を行なう場合には、申し込み時点で、専属の担当者が付きます。
挙式担当者の指示に通りに準備を進めれば、挙式当日に慌てることなく安心できます。
担当者の指示に従って、挙式当日の持ち物を早めに用意しておきましょう。

結婚式が近くなると、細かいところまでフォローしてくれます。
何かわからないことがあれば、この時にすべて訊いてください。

披露宴を一般のレストランで行なう場合には、自分たちですべてを管理しなければならないかもしれません。
専属の担当者がいない場合は大変ですので、早めに準備しましょう。

結婚式当日は、朝からかなり忙しくなります。
持ち物の用意は念入りに行ない、前日に持ち物チェックをしておきましょう。
ぎりぎり前夜になってから買い忘れに気付くこともあるかもしれません。
1週間くらい前に揃えておくと、残りの時間は他の準備に専念できます。

挙式当日の持ち物チェック



結婚式当日の持ち物の中でも絶対に忘れるわけにいかないのは、結婚指輪です。

衣装関係のチェックは必ず行ないましょう。
 ・衣装を着る際に必要な男性の靴下
 ・女性の白ストッキング
 ・下着
 ・和装の時に必要な腰紐とタオル
タオルの枚数は個人によって異なります。
事前に確認してください。

ウエディングドレスに私物のアクセサリーを使用する場合は、それらも忘れずにチェックしましょう。

結婚式場からチェックリストを渡されます。
それを見ながら、しっかり確認してください。

引き出物や衣装などを結婚式場以外から手配した場合には、時間の確認を必ずしてください。

結婚式当日の細かな仕事を頼んだ友人へ、挨拶を忘れないようにします。
受付をお願いした友人には、来てもらう時間の確認が必要です。

結婚式場への精算を当日行なう場合は、お金の管理を誰がするのかも、事前にしっかり決めておきます。
お金の管理は、新郎新婦の家族にお願いするのが1番でしょう。

結婚式会場スタッフへの心付けを用意することもあります。
すべてを含めて、よく確認するようにしましょう。
タグ:結婚式
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。