結婚式後のあいさつ



結婚前の準備はいろいろと大変ですが、結婚後もやらなければならない大切な仕事(あいさつ)があるのです。

結婚式のあと、新婚旅行に出かけます。
新婚旅行から帰ってくると、今までの忙しさがなくなり、ホッと一息です。
いよいよふたりの新生活がスタートします。
ここで忘れてはいけないのが、『結婚式の最後の締めくくり』です。
お世話になった方々と祝ってくれた友人たちに、お礼のあいさつをしましょう。

新婚旅行のお土産や写真を持って、あいさつに伺います。
どの程度の金額や品物が相応しいかは、各地域の習慣や家によって考え方が違います。
目上の方に話を聞いたり、双方の両親に相談して決めましょう。

お土産は、個性の強いものや高額なものより、日常的な物の方が喜ばれます。
あまりに高額なものは、相手に気を遣わせることになってしまいます。
よく考えて選ぶようにしましょう。

結婚式後のお礼



結婚式でお世話になったおは、必ずしなければいけません。
 ・両親や家族
 ・親戚
 ・仲人夫妻
 ・『祝電』や『花』を送ってくれた人
「たしかに受け取りました」という感謝の気持ちで、忘れずに連絡しましょう。
もし新郎新婦からの連絡がなかったら、間違いなく届いたかの確認もできませんから、送った方も心配するでしょう。
大人の儀として、あたりまえのことですね。

結婚式当日にお手伝いをしてくれた人たちにも、忘れずにおしましょう。
 ・受付
 ・写真撮影
 ・二次会の幹事
 ・その他の仕事をお願いした人
として、現金や品物を渡す場合もあります。
友人であれば、自分たちの新居に食事に招待するというのも、良い方法です。

結婚後のあいさつとおは、忘れてはいけない当たり前のことです。
一人一人におをするのは大変かもしれませんが、結婚式を無事に終えることができたのも周りの方々のおかげです。
「ステキな夫婦」と言われるように、を尽くしましょう。
タグ: 結婚式
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。