結婚式の引き出物はカタログギフトで



結婚式引き出物で多く見られるようになったのが、カタログギフトです。
最近は、多くのカップルがカタログギフトを引き出物に選ぶケースが増えています。

カタログギフトの種類は様々で、価格も自由に選べます。
いただく側が好きなものを自由に選べる点で人気があり、喜ばれる引き出物の一つになっています。

招待客一人一人に違う贈り物は大変です。
年齢を考えたり、好みや、男性か女性によって引き出物を変えるのも大変です。
しかし、せっかくの贈り物は全員に喜んでいただきたい…。
そんな時に、カタログギフトはとても役立ちます。

カタログギフトであれば、引き出物を選ぶ時間の短縮にもなります。
引き出物の商品を目の前にすると、あれこれ考えて迷ってしまいますからね。

招待客みんなに喜んでいただける物を考えるより、本の中から各自好きなものを選んでいただいて喜んでもらえるほうが贈った方としても嬉しいものです。
カタログには、日用品、コスメ、雑貨など、いろいろなジャンルの商品が揃っています。
もらった方が楽しんで選べるという良さもあります。
年代別にカタログを変えることができる点も、とても便利ですね。

結婚するカップルの6割以上が、年齢や好みに合わせて選べるカタログギフト引き出物に選ぶようになりました。
手作りカードを加えたり、自分たちの直筆のメッセージや写真も一緒に入れることもできます。
ますます二人の気持ちがこもった贈り物になるでしょう。

カタログギフトには期限が決められているので、早めに選んでいただけるように、メッセージに一言添えると親切です。

結婚式の引き出物発注



結婚披露宴パーティーの最後にお渡しする引き出物
招待客に「ありがとう」の気持ちを込めた贈り物です。

引き出物には記念品やお菓子など、その内容や量は、地域や家柄によって異なります。
招待客の年齢や好みに合わせて、数種類の引き出物を用意するケースも増えています。

品物選びは大変な作業になります。
しかし、その気配りは相手に伝わります。

数種類の引き出物を用意する場合、大きさがあまりにも違いすぎてしまうことは、絶対に避けてください。
大きさには差がないようにした方が、良いでしょう。

引き出物を人数に合わせて最終発注するのは、招待状の返事が全て揃ってからです。
最終的に発注する時には、数はもちろん、内容の確認も必ずしてくださいね。

結婚式の引き出物の金額と相場



結婚式に参列していただいた方々に感謝の気持ちとありがとうを添えてお贈りする引き出物は、大切な品の一つです。
気持ちを込めて贈るべき物です。
引き出物とは、本来、祝宴のおみやげという意味で贈られていた物でした。
しかし今現在では、結婚祝いのお返しの意味合いが強くなっています。
昔からの風習も変わりつつあります。
贈り物としてお渡しする物ですから、金額の面も考えて、本当に喜ばれるものを選択したいですよね。

引き出物の金額の相場はいくらぐらいからが妥当なのでしょう。
一般的には飲食費の3分の1から半額と言われています。
お菓子を含めた金額で、5000円から10000円程度が相場と言われています。
ご夫婦で出席して頂ける方には二人に一つ贈り物を。
また、ご夫人で使っていただけるよう、お揃いの品を用意することもあります。
引き出物にはこれくらいの金額』といった相場や基準はないので、ここで説明する金額はあくまでも一般的な例となります。

昔、結婚式など祝い事の引き出物に、陶器やガラスなど、割れてしまう物はよくないとされていました。
しかし最近では、実用性を考えて選ばれることが多くなっています。
みなさんに使って頂ける様に使いやすいシンプルなデザインが多く、実用品を中心に喜ばれるものを選びましょう。

引き出物選びでの注意点があります。
地域によって風習は様々です。
刃物や割れ物を嫌うところもあるので、事前に調べた方がいいでしょう。
また、式場以外から引き出物を注文する場合もあります。
その場合には持ち込み料金が発生することもあるので、事前に確認した方がいいですね。

結婚式引き出物には意味があります。
二人にとって、初めて先方に贈る物です。
参加していただいた方一人一人へ感謝の気持ちを込めて、喜ばれる引き出物選びをしましょう。
最近は自由に選択できるカタログギフトを引き出物に選ぶケースも増えました。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。