花嫁和装の種類



結婚式の準備段階で和装をお考えの方は、着物のデザインをチェックしなければいけません。

和装は大きく分けて『白無垢』『黒引き振袖』『振袖』『色打掛け』があります。
決まりはありませんが、挙式で着るのが『白無垢』と『黒引き振袖』、お色直しで着るのが『色打ち掛け』と『振袖』というのが一般的です。
ウェディングドレスと違い、シルエットに大きな違いはありません。 しかし、柄や色の種類は豊富です。

白無垢』とは、全身を白で覆うことです。
どれも同じに見えますが、生地の織り方や柄などにたくさんの種類があります。
中でも、織り方は「花嫁の印象を左右する」と言われています。

白無垢によく使われる【絹糸】は、美しい光沢が映えます。
女性らしい着姿になるため、身長が高い花嫁にも似合います。

【唐織】とは、織り地がしっかりしていて、刺繍したかのように柄が浮かび上がって見えます。
小柄な花嫁におススメです。

花嫁和装のポイント



花嫁さんのお色直しの衣装として一般的な色打掛は、昔は白と赤と黒の地色に限られていましたが、今では多彩な色や柄が用意されています。
花嫁の表情が明るく見える地色を探すことが第一のポイントです。
手の込んだ織や染は素敵です。
刺繍で映し出された模様も気になります。
しかしまずは、地色を探しましょう。

小柄な花嫁には細やかな総柄、大胆な構図の絵羽文様は身長の高い花嫁に似合います。

振袖を選ぶときのポイントはたくさんあります。
 ・色
 ・柄
 ・色合い
 ・小物
 ・合わせる帯
 ・全体のバランス

帯は、後姿のポイントとなります。
結び方はもちろん、金糸銀糸を織り込んだ丸帯が、華やかさの点で高い評価を受けます。

着物の印象を決めるポイントは、小物の配色や着付けの工夫です。
 ・伊達襟
 ・帯締め
 ・帯揚げ

花嫁さんの和装は、細かいところも手が抜けませんね。

結婚準備の前に知りたい和装メイク



結婚式の準備では、わからないことが多いものです。
和装メイクや和装かつらなどは、普段の生活からかけ離れている分、不安を感じるのは当然ですね。
和装は白塗りのイメージが強く、敬遠する若い人も多いのが現状です。

和装メイクとはいっても、今では昔ながらの水おしろいを使うことは少なくなりました。
ドレスメイクと同様、ナチュラルメイクに変わってきました。
しかし、昔の花嫁姿をそのまま表現したい場合には、水おしろいを使う場合もあります。

白無垢の場合は、髪型は文金高島田です。
昔からの決まりですね。
事前にかつら合わせがあります。
自髪で結うことも可能ですが、髪の長さはロングでなければできません。
結構大変なことです。

打掛けや振袖は、自髪で結うこともできます。
打掛けは衣装自体のボリュームがあるので、髪のセットがこじんまりしてしまうとアンバランスになります。
付け髪や髪飾りを使ってアレンジすると、髪型もカバーできます。
衣装に似合ったボリュームを出してもらえるように、ヘア担当者と話し合いましょう。

メイクの仕方は、それぞれのシーンに合わせて違います。
和装の場合にもメイクリハーサルができます。
担当者と相談しながら、メイクの色合いやチークを決めてゆきます。
和装の後のお色直しにつながるメイクを、よく話し合いながら進めましょう。

結婚準備の前に知りたい和装かつら



花嫁和装のかつらを着けたことのある人は少ないでしょう。
最近のウィッグは、着物に似合うように作られてあります。
ショートヘアの人はもちろん、結婚披露宴お色直しでのイメージチェンジにも最適です。
かつらを嫌がる人もいますが、お色直しを考えると、やはり便利です。

花嫁の和装かつらは、どれも同じように見えるかもしれません。
しかし、髷の高さや鬢のはり具合は、その人の顔や頭の形によって違ってきます。
髪飾りだけでも印象はガラリと変わるものです。
事前にかつらあわせが行なわれるのはそのためです。

和装かつらに使われている毛髪は、人工毛や本髪などさまざまです。
現在花嫁用として使われているのは、500g〜600g程度の軽い人工毛です。
首や体にかかる負担も少ないので、できるだけ軽いものを選んだほうが良いでしょう。

ウエディングドレスのデザイン



結婚式で新婦さんが最も楽しみにしているウエディングドレス
今はドレスの中でもたくさんのデザインがあります。
普段の洋服選びも見た感じと着た感じは違うように、ドレスも見たイメージと着たイメージはまったく変わってきます。
ただ好きなドレスを選ぶのではなく、自分に合ったドレスを見つけることが重要です。

ドレスのシルエットは、大きく5種類に分ける事ができます。
ここで5種類のドレスの説明をしますね。

最も人気の高いシルエットのAラインは誰にでも似合うデザインになっています。
上半身が細く、アルファベットのAのように裾にいくにしたがって広がりがあるデザインです。
カバー効果もあり、背が低い人にAラインのシルエットはお勧めです。

上半身はぴったりとフィットし、ウエストから裾にかけてフレアーで広がったデザインがプリンセスラインです。
スカートの下に入れるパニエのボリュームがポイント。
スカートの膨らみを調節できます。
華のあるシルエットは大きな会場にも負けないので大人気です。

スレンダーラインとは、細身のシルエットです。
身体のラインに沿ってデザインされてあります。
縦のラインが強調されることで、身長の高い花嫁さんの美しさが引き立ちます。
こじんまりした小さな会場に良く映えますよ。
体型に自信のある方に是非着ていただきたいデザインです。

ベルラインとは、名前のとおり、ベルのような形をしたシルエットです。
ウエストを絞ることで、ウエストから下に向かってのボリュームが強調され、とても華やかに映えます。
また、体型補正効果が期待できるので、誰でも安心して着る事ができるデザインです。

スレンダーなドレスのひざ下から裾に向かって人魚のように広がっていくシルエットを見たことはありませんか?
このドレスをマーメイドラインといいます。
裾が広がった部分にはギャザーがほどこされてあり、ゴージャスなデザインのドレスです。
女性らしく大人っぽく、ちょっと目立ちたい方にお勧めです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。