結婚準備の前に知りたい結納の基本知識



結婚の前に行なわれる『結納』とは、どんな形で行なわれるのでしょうか。

結納は、地域によって多少の違いがあります。
土地独特のしきたりがあるからです。

本格的な結納の形は、まず仲人が男性の家で結納品を預かります。
そして女性の家に出向き、預かった結納品を納めます。
女性の家では祝い膳を行ない、仲人に結納返しを預けます。
結納返しを預かった仲人は、男性の家に出向き、それを納めます。

結納品は、両家が同じ数で揃えます。
事前に両家で話し合って、何品目にするか相談します。

省略した数の結納品で済ませる場合もありますが、目録は省略しません。

飾り台は、複数台がしきたりの地方もあります。
しかし、住宅事情によって1台で済ませるケースも多いです。

結婚準備の前に知りたい略式結納



略式結納とはどんな結納なのでしょうか。
略式結納について簡単にご説明します。

略式結納とは、下記の場所で両家が一堂に会して行なう結納です。
 ・女性側の自宅
 ・料亭
 ・ホテル
 ・レストラン内の個室
最近は、結婚式場やホテルに付いているパックを利用するケースも増えています。

略式結納は地域による違いが多く、進め方も様々です。
両家の話し合いが重要になります。
婚約指輪をメインに行なったり、結納品は略式品目で行なったりします。

結納に関するしきたりが、両家で違うこともあります。
話し合いでも解決されない場合には、厳格な地域の方を優先してください。
特にどちらでも構わないという場合には、男性側に合わせます。

結納品の交換で一般的なものは、次のものです。
 ・男性側は婚約指輪
 ・女性側は半額程度の腕時計 or 洋服

女性側の結納返しは、必ずしなければならない決まりはありません。
しかし、記念品の交換として『デジタルカメラ』『実用品』『家電品』などは喜ばれます。

結納品をきちんと用意して、レストランで結納を行なう場合でも、略式結納の扱いになります。
食事会では、結納品の交換はなくても差し支えありません。

結婚準備に欠かせない料理の準備



結婚準備において、招待状の枚数と式に来て頂く人数はとても大切です。

料理の大まかな内容は、式場を予約した後に、早い時点で大体決めておきます。
式が近づいたら、細やかなオーダーなど料理の最終打ち合わせをして、招待客への気配りをします。
具体的な話を進めて行くのは、招待状の返事が揃ってからのタイミングです。
変更や追加注文をし、細かいところを話してゆきます。

結婚式場のスタッフと打ち合わせをしながら、以下の点をしっかりと把握しておきましょう。
 ・飲み物の種類
 ・子供用の料理
 ・料理の順番
 ・料理を出すタイミング

結婚披露宴では、ナイフとフォークは見栄えがよく、おしゃれです。
しかし、ナイフとフォークを使って食べるべき料理でも、年配の招待客にはお箸があると喜ばれます。

結婚披露宴の料理の内容があらかじめ決まっているのは、パックプランです。
部分的にメニュー変更が可能な場合もあります。
事前によく調べておきましょう。

披露宴会場によっては、決まった料理の他に、個別に料理オーダーができるところもあるようです。
アレルギーで特定の食材が食べられないという方もいらっしゃるでしょう。
招待客に対する配慮は、特に料理の場合、たいへん喜ばれます。
事前にアンケートが取れるようなら、訊いてみるのも良いアイデアです。

結婚式のメイクリハーサル



メイクリハーサルは、結婚式当日最高の自分を演出するためにはずせないことです。
リハーサルをしながら、自分らしい花嫁メイクを探します。

ブライダルメイクリハーサルに快く対応してくれる式場も増えてきました。
事前にヘアメイクをすることで当日の不安もなくなり、自分に合うメイクをチェック出来るいい機会でもあります。
また当日の準備がスムーズに進行するのも魅力です。
参考になる雑誌は、自分で探したり調べたりして自分のイメージも持参し、美容担当者と相談しましょう。

花嫁メイクのポイントを、ここで少し説明したいと思います。
普段とは違ったルールもあるので覚えておいてください。
花嫁のメイクにはこのようなポイントがあります。
挙式時は派手になり過ぎてはいけません。
若者が派手にファンデーションをつけるような感覚とは違ってきます。
華やかで大きな披露宴会場でのメイクは会場に負けないように、少し濃い目でよいでしょう。
少人数のレストランでの挙式では招待客との距離も近いですから、ナチュラルメイクがよいでしょう。
手元を見られる機会も多いので、ネイルケアもしっかりとしてください。
フレンチネイルはどんな姿にも合いますよ。

事前に記念写真を撮影することを前撮りといいます。
メイクリハーサルの最終打ち合わせと同時に、記念撮影を済ませてしまうのもおススメです。
野外での撮影や、背景にこだわった動きのある記念写真が撮れます。

当日の写真撮影は、喜びの表示がそのままでていい写真も撮れますが、挙式や披露宴の合間を縫って行うため、時間もなく、あわただしくなってしまいます。
前撮りなら十分な時間も取れるため、落ち着いて撮影ができますし何度も撮り直しが可能となります。

スタジオだけではなく、ホテルのロビーやチャペル、ガーデンなど普段撮影することのない場所で記念の1枚を撮影できるのはとても魅力です。
また結婚式当日には着用しない衣装を着ての撮影も、ここで写真に収めてしまえるので嬉しい得点ですね。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。