花嫁和装の種類



結婚式の準備段階で和装をお考えの方は、着物のデザインをチェックしなければいけません。

和装は大きく分けて『白無垢』『黒引き振袖』『振袖』『色打掛け』があります。
決まりはありませんが、挙式で着るのが『白無垢』と『黒引き振袖』、お色直しで着るのが『色打ち掛け』と『振袖』というのが一般的です。
ウェディングドレスと違い、シルエットに大きな違いはありません。 しかし、柄や色の種類は豊富です。

白無垢』とは、全身を白で覆うことです。
どれも同じに見えますが、生地の織り方や柄などにたくさんの種類があります。
中でも、織り方は「花嫁の印象を左右する」と言われています。

白無垢によく使われる【絹糸】は、美しい光沢が映えます。
女性らしい着姿になるため、身長が高い花嫁にも似合います。

【唐織】とは、織り地がしっかりしていて、刺繍したかのように柄が浮かび上がって見えます。
小柄な花嫁におススメです。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/76567149
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。