花嫁和装のポイント



花嫁さんのお色直しの衣装として一般的な色打掛は、昔は白と赤と黒の地色に限られていましたが、今では多彩な色や柄が用意されています。
花嫁の表情が明るく見える地色を探すことが第一のポイントです。
手の込んだ織や染は素敵です。
刺繍で映し出された模様も気になります。
しかしまずは、地色を探しましょう。

小柄な花嫁には細やかな総柄、大胆な構図の絵羽文様は身長の高い花嫁に似合います。

振袖を選ぶときのポイントはたくさんあります。
 ・色
 ・柄
 ・色合い
 ・小物
 ・合わせる帯
 ・全体のバランス

帯は、後姿のポイントとなります。
結び方はもちろん、金糸銀糸を織り込んだ丸帯が、華やかさの点で高い評価を受けます。

着物の印象を決めるポイントは、小物の配色や着付けの工夫です。
 ・伊達襟
 ・帯締め
 ・帯揚げ

花嫁さんの和装は、細かいところも手が抜けませんね。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。