結婚準備の前に知りたい和装メイク



結婚式の準備では、わからないことが多いものです。
和装メイクや和装かつらなどは、普段の生活からかけ離れている分、不安を感じるのは当然ですね。
和装は白塗りのイメージが強く、敬遠する若い人も多いのが現状です。

和装メイクとはいっても、今では昔ながらの水おしろいを使うことは少なくなりました。
ドレスメイクと同様、ナチュラルメイクに変わってきました。
しかし、昔の花嫁姿をそのまま表現したい場合には、水おしろいを使う場合もあります。

白無垢の場合は、髪型は文金高島田です。
昔からの決まりですね。
事前にかつら合わせがあります。
自髪で結うことも可能ですが、髪の長さはロングでなければできません。
結構大変なことです。

打掛けや振袖は、自髪で結うこともできます。
打掛けは衣装自体のボリュームがあるので、髪のセットがこじんまりしてしまうとアンバランスになります。
付け髪や髪飾りを使ってアレンジすると、髪型もカバーできます。
衣装に似合ったボリュームを出してもらえるように、ヘア担当者と話し合いましょう。

メイクの仕方は、それぞれのシーンに合わせて違います。
和装の場合にもメイクリハーサルができます。
担当者と相談しながら、メイクの色合いやチークを決めてゆきます。
和装の後のお色直しにつながるメイクを、よく話し合いながら進めましょう。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/76186775
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。