結婚準備に欠かせないブーケの種類



結婚の準備の中で、花嫁のドレスに合わせたブーケ選びも重要です。

花嫁ブーケには、5種類あります。

ブーケの中で最もオーソドックスな形は、花をまるく半球型に集めたスタイルです。
かわいらしい印象です。
優しくふんわりしたアレンジにもできます。

『クレッセンド』とは、三日月を意味する言葉からきています。
エレガントなラインは、弧を描くようなデザインが特徴です。
「大人っぽさを出したい」「ゴージャスな花嫁になりたい」という女性におススメです。

『キャスケード』とは、小さな滝という意味です。
優雅で華やかな滝のようにブーケの花が流れ落ちるスタイルのことです。
ブーケを持つ花嫁を、エレガントな雰囲気に演出します。

『アームブーケ』とは、腕のラインにそって、茎の部分を活かして細長いシルエットのデザインにした花嫁ブーケです。
スタイリッシュなイメージで、とてもシンプルです。

『ボール』とは、ボール型の丸いブーケのことです。
ブーケにリボンをつけ、バックのように持つのが特徴です。
カラードレスや二次会のドレスに合わせると、可愛いらしさを演出できます。
ブーケのオーダー時期は、挙式の3週間前がいいでしょう。
花の入荷時期が特定しないため、早すぎるオーダーはススメできません。
しかし、輸入花を使いたい場合や、季節はずれの花をブーケに使う場合には、1ヶ月前から相談してください。

ブーケ制作担当者との打ち合わせの際には、ドレスの写真など、制作のヒントになるものを持参するとイメージできやすいでしょう。
どんな形にしたいかを伝えたら、あとはプロに任せましょう。
デザインや花材などによって、いろいろなアイデアが出されます。
ブーケの予算は、ヘットドレス、ブートニア、すべて込みで4万円が目安です。
タグ:ブーケ 花嫁

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。