結婚準備の前に知りたい結納の基本知識



結婚の前に行なわれる『結納』とは、どんな形で行なわれるのでしょうか。

結納は、地域によって多少の違いがあります。
土地独特のしきたりがあるからです。

本格的な結納の形は、まず仲人が男性の家で結納品を預かります。
そして女性の家に出向き、預かった結納品を納めます。
女性の家では祝い膳を行ない、仲人に結納返しを預けます。
結納返しを預かった仲人は、男性の家に出向き、それを納めます。

結納品は、両家が同じ数で揃えます。
事前に両家で話し合って、何品目にするか相談します。

省略した数の結納品で済ませる場合もありますが、目録は省略しません。

飾り台は、複数台がしきたりの地方もあります。
しかし、住宅事情によって1台で済ませるケースも多いです。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。