結婚準備の前に知りたい略式結納



略式結納とはどんな結納なのでしょうか。
略式結納について簡単にご説明します。

略式結納とは、下記の場所で両家が一堂に会して行なう結納です。
 ・女性側の自宅
 ・料亭
 ・ホテル
 ・レストラン内の個室
最近は、結婚式場やホテルに付いているパックを利用するケースも増えています。

略式結納は地域による違いが多く、進め方も様々です。
両家の話し合いが重要になります。
婚約指輪をメインに行なったり、結納品は略式品目で行なったりします。

結納に関するしきたりが、両家で違うこともあります。
話し合いでも解決されない場合には、厳格な地域の方を優先してください。
特にどちらでも構わないという場合には、男性側に合わせます。

結納品の交換で一般的なものは、次のものです。
 ・男性側は婚約指輪
 ・女性側は半額程度の腕時計 or 洋服

女性側の結納返しは、必ずしなければならない決まりはありません。
しかし、記念品の交換として『デジタルカメラ』『実用品』『家電品』などは喜ばれます。

結納品をきちんと用意して、レストランで結納を行なう場合でも、略式結納の扱いになります。
食事会では、結納品の交換はなくても差し支えありません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/75297913
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。