結婚準備に欠かせない婚姻届



結婚式の前に婚姻届を出す人、結婚式が済んでから届ける人。
婚姻届を出すタイミングは、人それぞれです。

結婚式は派手なイベントですが、婚姻届の提出は、用紙に印鑑を押して持っていくだけのシンプルなものです。
シンプルで簡単な作業なので、つい忘れてしまうのかもしれません。
結婚式が済んで一息ついた時に、「まだ届け出をしていなかった!」と1番大事なことに気付くカップルもいます。
婚姻届の手続きを済ませなければ、結婚式を終えても法的には夫婦と認められません。

婚姻届の用紙は、複数枚もらっておきましょう。
婚姻届用紙は役所の戸籍係に用意されてあります。
用紙と記入例などの説明書きがあるので、それも婚姻届用紙と一緒に受け取ってください。

婚姻届用紙には、著名と捺印が必要です。
夫と妻、保証人2人、計4名の記入欄があります。

婚姻届に記入漏れが1つでもあると、受理してもらえません。
法的なことなので、記入欄はきちんと見直しをして完璧に仕上げてください。
届け出る役所によって、用意する枚数が異なることもあります。
婚姻届のほかに、戸籍謄本も必要です。
事前にしっかり確認しましょう。

婚姻届に必要な戸籍謄本は、どこの役所でもいいわけではありません。
本籍地の役所に申請してください。
本籍地が遠方の場合には、取り寄せに時間がかかることがあります。
事前に、電話などで直接訊いてみてください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。