結婚準備の前に調べておく結婚費用



結婚式にはどれくらいの費用がかかるのでしょうか?

結婚式場に訪れると、一番最初に概算見積というものをもらいます。
でもここで出される見積もりはあくまでも参考で、実際に式にかかる費用とは大きく異なります。
各会場によって見積もりの仕方も違いますが、「40人の場合」「100人の場合」とあらかじめ印刷されたもので大体の予算を説明してくれる所もあります。
逆に、希望にそって見積もりを計算してくれるところもあります。
説明の仕方はさまざまですが、大体は話を進めていく上で、きちんとした見積もりを出していくケースがほとんどです。

結婚式の際にかかる料金は、結婚式場を最初に選ぶ段階で最も重要なポイントになります。
最初にもらう見積もりの金額通りに結婚式を行うことは、とても難しいことです。
最初にもらう見積もりには最低限度の費用しか含まれていないので、全く正確ではありません。
最低限度の費用と聞くと節約次第で費用が削減されるように思いますが、実際にかかる費用は最低限度の項目プラス、オプション費用、その他たくさんの項目の費用がかかってしまうのです。
それらをプラスしないと通常の結婚式にはならないのが現状です。

一般的にはレストランウエディングの方が安くあげられると言われています。
結婚式の大体の目安として、ホテルや結婚式場で行なった場合、1人当たり4〜5万円程度と見ておいた方が無難です。
この金額で計算すると結婚式の費用は、70人なら280万〜350万円という金額が一般的な金額となります。

次に、ここでかかってくるオプション費用と追加サービスが重要なポイントになります。
きらびやかなシャンパンタワーや鏡開き、ゴンドラを使った演出サービスなど、追加したい項目が増えると、「一生に一回の結婚式はやはり特別・・・」とオプションをどんどん増やしていくことになります。
美味しいケーキ屋さんに特別のケーキを発注したり、引き出物にお金をかけたり、二人だけの結婚式を作って行くことは素敵なことですね。
ですがここで注意しなければならないのは、「300万円も330万円もあまり変わらない」「30万くらい大丈夫じゃないか」と、やりたいものをすべてやってしまった時、落とし穴にはまってしまいがちなのです。
「特別だから」「一生に一回だから」とすべてのオプションを追加していくと、100万前後の差はすぐに出ます。
全体の何%で考えてしまえばそんなに大きな額ではないのですが、現実に戻った時、30万円という金額は給料の1か月分です!

こう考えて計算すると、予算の考え方も随分変わってくるのではないかと思います。
冷静になりましょうね。
タグ:結婚式
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/48754703
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。