結婚指輪のデザイン



結婚の準備で指輪選びも大事なポイントになります。
結婚指輪のデザインには5種類あります。

一文字[いちもんじ]とはリングの中心となる石(センターストーン)がなく、ルビーやダイヤモンドなどの小粒の石(メレ石)のみを1列に配列されたデザインのことをいいます。
一文字とは石が1列の物で、2列なら二文字、3列なら三文字とわかりやすいですね。

S字型になっているものはリングのアームラインが特徴です。
S字ウェーブといいます。
S字型のリングは指を細く見せてくれる効果もありますよ。

次にエタニティリング。
リングの全周に同サイズ同カットの石で、途切れることなく配列されたリングです。
永遠(Eternity)、とは永遠の愛の象徴。
途切れることなく並んでいる事からエタニティリングと呼ばれるようになりました。
石が全周しているものはフルエタニティと呼ばれ、半周程度のものならハーフエタニティと呼びます。
一般的なものは、フルエタニティですが、サイズ直しが出来ない難点があります。
コストの面も考えてしまえばハーフエタニティの方がお勧めかもしれませんね。
リング幅が均一であり、ストレートなデザインだからこそ、重ね付けができますし、普段つける結婚指輪が欲しいと言う人にはお勧めです。
また華やかな感じにしたい人にもいいですね。

ストレートラインとはリングのアームがまっすぐになっているデザインのことを言います。
シンプルで一般的なリングがこれです。
オーソドックスなデザイン性がコーディネイトの幅も広げてくれて、何にでも合わせやすく、飽きずに長く使えますよ。
直線を生かしたデザインが特徴なので、重ね付けもしやすい点から、結婚指輪に選ぶ人が多いようです。
普段つけていられる指輪、一生つけられる指輪、という事を考えて選択した時に人気があるのはこのストレートラインかもしれませんね。

縦のラインが強調されるリングが、X字型デザインリングです。
指を細長く見せる効果もあります。
重ねてリングをつける場合には、細めの幅の同じX字リングをつけることをおすすめします。

ダイヤモンドの品質4Cと言う言葉を聞いたことはありませんか?
カット(形状、カットの精度による輝き)、クラリティ(ダイヤの透明度)、カラー(色)、カラット(重さ)の4つの頭文字をとって4Cと言います。
ダイヤモンド独自の評価基準で、値段や価値を決める目安となります。
ただしカットに関しては、代表的なラウンドブリリアント以外のカットになると評価の対象になりません。
デザインのバリエーションの幅は豊富です。

指のサイズはもちろんですが、身につけるシーンや場面も考えて選ぶことをお勧めします。
石の配置だけでずいぶん雰囲気が変わるので、常につけるリングを選ぶなら、シンプルで普段邪魔にならない伏せこみタイプがいいですね。
特別な日や少しゴージャスにと言う人には輝きがきわだつ立て爪の華やかなデザインがいいですね。

一生の記念になるもの、二人だけの思い出のリング
素敵なリングを探して下さいね。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。